LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

なんと顔の10倍!?「かかとの角質」ケア方法&意外なNG習慣

小塚美香

kozuka

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

気候が穏やかになり、素足にサンダルやミュールを履く季節が待ち遠しくなってきましたね。素足を見せる機会が増える夏に向けて、冬場に隠れていたかかとのケアをするなら今がチャンス! さっそく足元ケアを見直して、「つるつるかかと」を目指しましょう。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life&Aging Report

■足裏の角質層は顔の約10倍!?

かかとの角質層は、顔が約10~20層なのに対して、約100層もの分厚い層。また、足裏には汗腺は沢山ありますが、皮脂腺がないため、水分を保持する力が弱く、乾燥しやすいという特徴があります。乾燥などの刺激を受けてガサガサになり、角質が厚く悪化していくと、ひび割れてひどい時には血が出てしまうことも!

 

■「ガサガサかかと」原因になるNG習慣3つ

(1)足を圧迫する靴や合わない靴

高過ぎるヒールの靴や、ゆる過ぎる靴、窮屈な靴など、足に負担がかかるものは避けましょう。摩擦や刺激によって、角質が厚くなってしまいます。

 

(2)「身体の冷え」も原因に!

身体の末端である足は、血流が滞りがち。冷え性の場合、末端まで十分な栄養や水分が行き届きにくいため、皮膚が乾燥しやすいのです。

 

(3)「1日中エアコン」も実はかかとの敵!?

エアコンにより皮膚が乾燥するのはご存知のとおりですが、顔の乾燥は気にするのに、手足の乾燥は後回しにしていませんか? かかとも同じように、皮膚が水分蒸発をしやすくなるんです。

 

■今から始める「つるつるかかと」の作り方

(1)角質をオフ

保湿剤がなかなか浸透しないということはありませんか? その原因は余分な角質の厚みのせいかも。皮膚の厚みが気になる時は、かかと専用のやすりや足への負担が少ないスクラブ、ピーリングを使用して優しく除去しましょう。その際には、力の入れ過ぎ、除去のし過ぎに注意して!

 

(2)1日2回の保湿習慣

顔のスキンケアと同じタイミングで、朝晩2回の保湿がおすすめです。顔のお手入れの最後に、足裏に保湿クリームを塗る習慣をつけましょう!

 

(3)マッサージ

たっぷりの保湿クリームを手に取り、優しく足全体になじませます。足裏にすり込むようになじませ、ツボが集中する土踏まずを揉み込みます。足の指を1本ずつストレッチして、くるぶし部分もくるくる円を描きながらマッサージ。

夏はすぐにやってきます。そう、今が「つるつるかかと」を作るチャンス! 足先にまで気を配れる、ステキな女性になりましょう。

【関連記事】
そのブツブツ・ザラザラ大丈夫?背中ニキビの解消法3つ

【参考】
※東條汀留著(2011)『もうネイルアートには頼らない! 大人の上品美爪塾』(講談社)

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life&Aging Report

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事