LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

肌悩み別に使い分け!プロおすすめ「カラー下地」で厚塗り防止

NANA

NANA1

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

メイク上手な人というのは、必要なところに必要なものをきちんと使っている人だったりします。つまり、自分の顔とコスメの「適材適所」を知っているということ。面倒だからといって下地を適当に塗り、カバー力が欲しいからといってファンデーションを厚塗りしていませんか?  「厚塗り=崩れやすい=老けて見える」このような負のスパイラルに陥りやすいエイジング世代に向けて、今回はメイクの仕上がりを格段にアップするカラー下地のご紹介です。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

■くすみを消す魔法の色!?「ピンク」

ピンクといっても、肌に伸ばしてしまえば分からないような色合いです。肌によく馴染むピンク下地は、くすみが取れて顔色が明るくなるうえ、柔らかな雰囲気を作り出せます。お顔全体に使うのも良いですが、目の周りなど、特にくすみが気になるところへ部分的に使うのもおすすめです。

 

■色ムラを消したいなら「イエロー」

クマ、赤みなどの色ムラを消すのに万能なのがイエロー。ただしお顔全体に塗ってしまうのは実はNG。こちらも気になるところだけに塗るのがおすすめです。

 

■意外!?立体感・小顔効果を狙うなら「ブラウン」

こちらはシェーディングとして使います。おでこと頬骨の下に入れていくと、お顔に立体感が出て、小顔効果が絶大! しかし、濃く入れ過ぎると失敗する可能性も高いので、少しずつ薄く色を重ねることがポイントです。

他にもブルーやグリーンなど、カラー下地は様々な色がありますが、私のおすすめはこの3色。撮影でも毎回使っているカラーです。ファンデーションの厚塗りを防げ、仕上がりが自然と華やかになるのでおすすめですよ。是非試してみてくださいね!
(Hair&Make NANA)

【関連記事】
「ニコッと笑っちゃ」ダメ!?プロ直伝、30代流チークの入れ方・選び方

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

Related Article関連記事

最新の記事