LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

絶対ダメ!フケて見えちゃうNGベースメイク&対処法

NANA

NANA1

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

少しでもきれいに、若くみせたい……それが女心。メイクはその願いを叶えてくれるますが、方法を間違えると逆に老けてみせてしまうこともあります。今回はメイクのありがちな失敗と、その解決方法をご紹介します。

5cb7522ad2e618a87947900e12ae45a0_s

■NGその1:キレイに見せたい!ファンデはたっぷり

これは本当によく目にする光景です。一見きれいに見えますが時間がたつとほうれい線がくっきりでてきたり、目じりがしわっぽくなってきたり……気持ちはわかりますがこれは絶対NGです。肌をきれいにみせるポイントは色ムラなどのカバー、シワを感じさせない、そしてツヤ感です。

「おばあさんの顔」を思い浮かべてみよう

 みなさん、おばあさんの絵を思い描いてみてください。おでこのしわ、目じりのしわ、法令線、シミ……これを描くだけで一気に老け顔になりますよね。つまり、ここを目立たせなくメイクをすれば若々しい仕上がりになるんです。

■NGその2:カバー力命!とりあえず難は隠す!

ひとつのファンデーションで全部を隠そうと思うと厚塗りになり、それがメイク崩れを生み、最終的により老けて見えるという負のスパイラルに。全体のファンデーションは薄塗りにし、シミなど色ムラが気になるところだけコンシーラーでカバーしましょう。

気になるシワの対処法は?

気になるシワは、パウダーものをあまりのせないようにしてシワにファンデーションが入り込まないようにします。シミもシワも100%隠そうとするとそれは、厚塗りメイクになります。ベースメイクにポイントメイクをプラスするのであれば、60%ぐらい隠れていれば充分。なぜならポイントメイクで視線をずらせるからです。カバーをするなら60%程度と考えてください。

 ■NGその3:とにかく「マット」に仕上げる

ファンデーションでもアイシャドウでもリップでも「マット」な質感は老けて見えるポイント。化粧品を購入するときに「マット」な仕上がりのものを避けると、若々しく仕上げることができます。

ツヤ感をプラスする、プロの裏技

Tゾーン(おでこから鼻にかけての箇所)Cゾーン(眉下から目じりにかけての箇所)にツヤを出すと、グッと若々しく見えます。ツヤを出すには、細かいパール感のあるベージュのアイシャドウをのせるのがおすすめ。ギラッとせず、上品な仕上がりになりますよ。

いかがでしたか?若々しくみせるには、ベースメイクが一番重要です。今までは良かれと思ってどんどん足すメイクをされた方が多いと思います。テクニックだけではなく、商品に頼ってメイクをすることも解決の近道ですよ。是非試してみてくださいね。
(ヘア&メイクアップアーティスト NANA)

【関連記事】
それ逆効果!老けて見えるNGヘアメイク&対処法まとめ
“できる”女はメイクが違う!プロが教える職場メイクのコツ
切れ長、デカ目が自由自在。プロが教えるアイライン上達の肝
夏のメイクに自信!美容家も使っている優秀UV化粧下地4選
目を閉じてはダメ!?プロが教える「アイライン」上達のコツ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

5cb7522ad2e618a87947900e12ae45a0_s

Related Article関連記事

ピックアップ

重ね過ぎスキンケアを見直し!美容家実践の「土台整えスキンケア術」

乾燥やエイジングなど肌悩みが増えるLAR世代。“今よりキレイな肌を手に入れたい”“頑張った自分へのご褒美にスペシャルなスキンケアを楽しみたい”それはとても素敵なこと。 スキンケアアイテムをたくさん手に …

やりがち!?冬の“乾燥砂漠肌”に陥るNG習慣と皮膚科医に聞く「話題の有効成分」

化粧水の効果を感じづらい、乾燥で肌がヒリヒリする……冬は、そんな乾燥肌悩みが増える季節。実は、何気なくしている習慣が“乾燥砂漠肌”を引き起こしていることもあるのです。 皮膚科医の森智恵子先生に、“乾燥 …

たるみ頬にNO!プロが教える、若見え“上向きフェイス”を叶える美肌習慣

年齢を重ねるにつれ、今までのスキンケアでは満足できずに、悩み別のケアアイテムをそろえたものの効果がよく分からない……という女性も多いのでは。 老け見えのもととなる、たるみやくすみは、普段の習慣や肌環境 …

  • ツヤ肌
  • ハリ肌

最新の記事