LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

食べれば食べるほどアンチエイジング!?夕食に摂るべき食べ物3つ

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

寝ている間に身体の再生を促す「成長ホルモン」。睡眠が美肌やダイエットに欠かせないと言われているのも、この成長ホルモンが関係しています。残念ながら、10代をピークに、分泌は10年ごとに16%くらいずつ減ってしまうそうなのですが、なんと成長ホルモンの分泌を促す食べ物があるんだとか! 食べれば食べるほど若返っていくかもしれませんよ。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

■ゴールデンタイムは都市伝説!?

22時~翌2時に成長ホルモンの分泌が高まると言われてきましたが、最近では入眠後3~4時間という説が有力になっているそう。成長ホルモンが分泌されやすい時間は、特定の時間帯に限定されるわけではなく、入眠後3~4時間であり、可能であれば22時頃に入眠するのがベストなのだそうです。

 

■成長ホルモンの分泌をサポートする食べ物3つ

(1)クルミ

クルミに含まれる「アルギニン」は、成長ホルモンの分泌を促す働きがあり、協和発酵バイオの実験では、昼と夜にアルギニンを摂ることで、寝ている間の成長ホルモンの濃度がUPしたそう。ナッツを多く食べる人ほど肥満指数(BMI)が低いという研究結果もありますから、1日に両手に乗る程度のナッツを食べることを習慣にしてみて!

 

(2)本シメジ

本シメジには、シジミの6倍の「オルニチン」が含まれています。オルニチン研究会によれば、寝る前にオルニチンを摂ることで睡眠中の成長ホルモンの分泌がUPしたそう。成長ホルモンだけでなく、肝臓の働きをサポートして疲労回復にも効果があるそうですから、1日の疲れを取るためにも、夜にオルニチンを摂ることを意識してみましょう。

 

(3)冷凍シジミ

シジミは、冷凍するとオルニチンが8倍にUPするそう。冷凍しておけば、いつでも食べられますから、シジミは冷凍保存が正解!

成長ホルモンの分泌UPのチャンスは誰にでもあります。夕食に成長ホルモンの分泌をサポートする食べ物を意識的に摂ってぐっすりと眠り、お肌も身体も健康を保ちましょう。
(美養フードクリエイター 岩田麻奈未)

【関連記事】
加熱するだけでイイの!?「リンゴでアンチエイジング」レシピ3つ

【参考】
成長ホルモンの話 – 街ぐるみ認知症相談センター(PDF)
最適な睡眠時間~肌のゴールデンタイム – ニキビ研究所×相澤皮フ科クリニック
協和発酵バイオの健康成分研究所 アルギニンの持つ作用 – 協和発酵バイオ
成長ホルモン分泌促進効果の検証 – オルニチン研究会
シジミを冷凍すると? – オルニチン研究会

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事