LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

夏バテ女子に朗報!カラダとお肌にうれしいニンニクパワーって?

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

暑くなってくると悩まされる夏バテ。気温と湿度で、身体がだるくて仕方がない……という方も多いのでは? 夏バテになって食欲がなくなってしまうと、必要な栄養が取れずお肌も元気がなくなってしまいます! 夏バテ予防には、ビタミンB1が大切。夏バテを感じる前に、『ニンニク』を摂っておくことで、疲れ知らずの夏を過ごせるかも知れませんよ。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life &Aging Report

■どうして夏バテするの?

夏は、外気温と室内温度の差で、身体は常に体温を一定に保つために必要以上のエネルギーを消費しなければならず疲れ易くなってしまいます。また、夏は湿度が高く熱が身体にこもりやすい状態。余分な熱が身体にこもってしまうだけで胃腸の働きが悪くなるところに、暑いから…と冷たいものばかり飲んだり食べたりすると、余計に胃腸の働きが悪くなり、食欲がなくなり栄養不足で身体もお肌もお疲れ、更に食欲がなくなる、という悪循環に陥ってしまうのです。

 

■カラダもココロも元気にしてくれる『ビタミンB1』

・カラダを元気に! ビタミンB1は、「疲労回復のビタミン」と呼ばれています。ビタミンB1は、糖質やアミノ酸をエネルギーに変える際に必要不可欠なビタミン。ビタミンB1が不足していると、エネルギーを作り出せず、エネルギー不足で疲れやすいカラダになってしまうのです。

・ココロを元気に! また、ビタミンB1は、脳が必要とするブドウ糖からのエネルギーを作る際にも欠かせません。脳がエネルギー不足になると、集中力が低下したりイライラしたりと気持ちの疲れの原因にも。ビタミンB1はココロのためにも必要なビタミンなのです。

 

■「ニンニク」がおススメな理由 2つ

(1)元気が続く!

ビタミンB1は、水溶性のため体内に蓄積されませんが、ニンニクに含まれる『アリチアミン』は身体に蓄積してビタミンB1と同じ働きをします。『アリチアミン』はニンニクのニオイ成分「アリシン」とビタミンB1が結びついて作られた物質で、水ではなく油に溶ける性質を持ち、身体に吸収されやすく蓄積して効果を発揮する優れもの! その上、ニンニクのパワーは一度食べると2日ほど持続すると言われていますから、2~3日に1~2片を目安に食べればOK。

 

(2)お肌の夏バテ予防にも

ニンニクに含まれる『ジアリルジスルフィド』という成分には、強い抗酸化作用があります。また、日本大学有賀名誉教授の研究によれば、ニンニクには酸化ストレスを引き起こす毒性物質を感じ取るセンサーのスイッチをONして、肝臓の解毒作用を高める効果があるとのこと。夏は、紫外線が強く体内に活性酸素が発生しやすい季節ですから、抗酸化力&解毒作用UPで、お肌を夏バテから守ります。

 ニンニクはニオイが気になる…という方は、肉や緑茶と一緒に食べると、タンパク質やカテキンとニンニクのニオイ成分が結びついてニオイが残りにくいと言われています。それでも苦手な方は、アリチアミンの入ったサプリメントがおススメ。夏バテが気になる方は、ビタミンB1をしっかり補給して、夏を元気に過ごしたいですね!

(美養フードクリエイター 岩田 麻奈未)

 

【関連記事】

※ 要注意!「夏バテ肌」になりやすいNG習慣3つ

 【参考】

にんにく大辞典

成分情報 ビタミンB1 - 株式会社わかさ生活

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life &Aging Report

Related Article関連記事

最新の記事