LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

保湿だけじゃダメ!?「首のシワ」原因と対策フード&ドリンク4つ

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

意外と年齢が目立つ「首」。顏と違い、念入りなケアをしてもあまり改善が見られないパーツではないでしょうか? 実は、首のシワには、保湿は効果がないそうなのです! 首を若々しく保つために積極的に摂りたい食べ物・飲み物をご紹介します。

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

■首に保湿は不要!?首のシワの本当の原因は?

皮膚科医の吉木医師によれば、シワの本当の原因は「コラーゲンの減少」なのだそう。ですから、保湿を充実させるより、レチノールやビタミンC誘導体など、コラーゲンを増やす働きが期待できる基礎化粧品を使い、紫外線ダメージから首を守ることが大切なのだそうです。

 

■紫外線ダメージからコラーゲンを守る食べ物

(1)トマト

トマトと言えば「リコピン」。リコピンは、皮膚に蓄積して紫外線によって発生する活性酸素を除去する働きがあるだけでなく、コラーゲン分解酵素の活性を抑える働きがあることが解っています。また、紫外線ダメージがなかった場合でも、コラーゲンを増やす働きがあるそうですから、首のシワ予防にも◎。

 

(2)キウイフルーツ

キウイフルーツは、レモンよりビタミンCの含有量が高いフルーツ。ビタミンCは、コラーゲンの形成に欠かせないビタミン。また、メラニンの合成を抑える働きもあり、美白肌作りにも欠かせません。

 

(3)ブルーベリー

ブルーベリーに含まれる「アントシアニン」にも、コラーゲン分解酵素の活性を抑える働きがあるそう。また、コラーゲン同士の結びつきを強くする働きもあるそうですから、ハリのある肌を保ってシワの予防に期待大!

 

(4)杜仲茶

東京大学の髙橋教授によれば、杜仲茶には、コラーゲンの合成を促し、柔軟なコラーゲンを作る働きがあることが解っているそう。さらに杜仲茶には基礎代謝をUPさせる働きや、脂肪の吸収を抑え、分解を促す働きもあるそうですから、お肌だけでなく、美ボディ作りにもおすすめ。

春は紫外線が最も多い季節。紫外線ダメージから首を守ってシワを予防したいですね。
(美養フードクリエイター 岩田 麻奈未)

【関連記事】
ほうれい線まで消えちゃう!?頬のリフトアップでシワを撃退!

【参考】
※3大“年齢バレ”ゾーン「パサ髪・ガサ手・シワ首」をレスキューせよ! - からだにいいこと 2015年4月号
リコピンにシワ予防効果が期待 - カゴメ研究開発だより
ビタミンCの不足が皮膚に与える影響 – 奥羽大学
加齢による脂肪蓄積を抑える杜仲茶 – 杜仲倶楽部
基礎代謝を上げる胆汁酸ダイエット - 小林製薬
成分情報 ビルベリー - わかさ生活
コラーゲンの生成を促す杜仲茶 - コラーゲン研究所

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事