LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

肌より老化してるかも!?髪や頭皮のUVダメージ対策3つ

齊藤あき

saito

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

これから本格的な夏が到来し、紫外線量も一気に増えてまいります。紫外線がお肌へ及ぼす悪影響は、皆様ご存知だと思います。お肌のUV対策は当たり前となりましたが、同時にして頂きたいのが髪と頭皮のUVケア。実は、お肌以上にダメージを受けているのが髪や頭皮。頭は顔の2倍以上もの紫外線量を受けていると言われており、老化が最も進行しやすい部分です。髪のパサつきはもちろん、薄毛や抜け毛の原因にもなりかねません。日々の紫外線対策が、美髪の分かれ道となるのです。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

 

■紫外線ダメージよる髪への影響

髪を保護しているキューティクルは、熱、摩擦、紫外線にとても弱いです。強い紫外線を受けると、キューティクルが剥がれ内部のタンパク質が流出し髪のパサつきや、切れ毛や枝毛の原因に。また、髪の黒い色素(メラニン色素)が分解され脱色する場合も。

 

■紫外線ダメージによる頭皮への影響

夏の紫外線は、エネルギーが強く頭皮の奥までダメージを及ぼします。紫外線は浴びた分だけ貯金箱のように蓄積され、光老化となって現れます。頭皮に固く弾力がなくなると毛根に栄養も届きにくくなり、結果、抜け毛や薄毛という症状に現れてきます。

 

■紫外線から頭皮や髪を守る方法

(1)日傘や帽子など、UV化粧品を使用しましょう

外出の際は日傘や帽子などを使用し、なるべく紫外線が当たらないようにしましょう。また、海や山など紫外線量が多い場所は、ヘアケア用のUV化粧品を使用するようにしましょう。スプレー式で簡単に使えるものも数多く発売されていますよ。

(2)アウトバストリートメントで髪を保護しましょう

傷んだ髪ほど紫外線の影響を受けやすくなります。アウトバストリートメントや植物オイルなどで髪を保護すると、紫外線ダメージを軽減する事ができます。

(3)髪の分け目を変えましょう

毎日同じ分け目だと、その部分だけに紫外線が多く当たります。気が付くと分け目が薄くなっていたなんてことに…。特に夏場は、髪の分け目をチェンジするように心がけましょう。また、頭皮用エッセンスなどで保湿する事も大切です。

美しい髪を育むには日々の積み重ねが大切です。夏にきちんとケアするか、しないかで秋に大きく差がでてしまいます。お肌と同様に髪もしっかりUV対策を心がけましょうね。

(毛髪診断士/美容家 齊藤あき)

【関連記事】

放置すると5歳フケます!顔周りのクセ毛・ほつれ毛の対処法

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事