LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

エイジング世代ほどむくみやすい!意外と知らないストッキングの「正しい」履き方

LAR編集部

icon

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

日頃なにげなく穿いているストッキング。実は正しい穿き方があるって、知っていましたか? 今回は、自分の脚に自信が持てなくなり始めるエイジング世代こそ知っておくべき、ストッキングとむくみの関係をご紹介します。

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

■年齢によってむくみやすくなる原因

「むくみ」ってこんな状態

むくみは、血管外の細胞と細胞の間に余分な水分がたまった状態。血液は心臓のポンプ作用によって動脈から全身に送り出され、体中を巡って心臓に戻るのですが、脚は常に下に向いた状態のため、重力に逆らって血液をポンプアップするためには、他の部位より筋力が必要となります。

 

年齢を重ねるとむくみやすくなる理由

年齢を重ねるにつれ症状を感じやすくなるのは、加齢による筋肉量の低下が主な原因と言われています。女性は元々の筋肉量が少なく、体力が低下してしまうエイジング世代ほど、むくみを自覚しやすくなるのです。むくみは放置しておくとセルライトの原因になったり、免疫力の低下を引き起こすこともあるそう。

 

■ストッキングを「正しく」履いて美脚に

そこでおすすめしたいのが着圧ストッキング。着圧とは血液のポンプアップのサポートをし、運動不足や筋肉量の低下による血液の循環を促してくれるもの。そこで今回は「メディカル ステイフィット」の、スローストッキング講座から、正しいストッキングの履き方をピックアップ!

(1)足を入れ、指でストッキングをよく揉みながら、広げたり回したりしましょう。
(2)足首を回しながら、踵のふくらみの位置をあわせます。

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

(3)足首から、ひざ下までまっすぐ引き上げます。
(4)ひざを支点にして、くるくると円を描きながら、ストッキングをひざの上まであげます。

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

(5)ストッキングの中に手を入れます。股関節をくるくると回しながら、股下に隙間ができないように、おしりまで引き上げます。
(6)おへその下あたりのゴムの内側に親指を2本入れ、股関節をくるくると回しながらウエスト位置を安定させます。

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

浅く腰掛けた状態で始めることと、指、足首、膝、腰をくるくる回して、柔らかい状態のストッキングに包まれることがポイントです。正しい穿き方でむくみ解消にアプローチしつつ、美脚ラインで足やせ効果にも差を出しましょう! さっそく始められる簡単むくみ解消法、ぜひ試してみて下さいね。
(LAR編集部、イラスト/shiho)

【関連記事】
冷え&むくみ解消で「スッキリ美脚」に!座ったままエクササイズ

【参考】
理想の美脚ビーナスラインをつくる“美脚プログラム” – ピップ
メディカル ステイフィット スローストッキング講座
気になるむくみ(浮腫)の原因 – 総合南東北病院

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事