LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

アンチエイジングの新常識!「寝る前ビタミンC」で痩せ体質!?

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

美肌のためのビタミンといえば「ビタミンC」ですよね。抗酸化力も強く、紫外線が強くなるこれからの季節には欠かせないビタミンCなのですが、魅力はこれだけではありません! エイジング世代は、「寝る前」の摂取がおすすめです。

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

■ビタミンCでアンチエイジング

(1)痩せ体質に!?

ストレスホルモンとして知られる「コルチゾール」。ストレスを感じると、副腎からコルチゾールが分泌され、免疫力や代謝に悪影響を与えます。一方、同じ副腎から分泌される「DHEA」=通称「若返りホルモン」は、身体の様々な細胞を活性化させ、免疫力や代謝をUPさせます。コルチゾールが過多になると、余分なものを溜めこむ太りやすいカラダになってしまうのですが、銀座上符メディカルクリニックの上符院長によれば、ビタミンCに「コルチゾール」を減らし「DHEA」をUPさせる効果があるそうですから、エイジングケアには欠かせないビタミンです。

 

(2)身体サビを除去

ビタミンCは、抗酸化力の強いビタミン。体内に発生した活性酸素をお掃除して、肌も身体をダメージから守ります。

 

■安眠&ダイエットにも◎!?

「コルチゾール」の分泌が多い時は、身体がストレスを感じている証拠。ストレスがある状態では熟睡できません。ビタミンCがコルチゾールの分泌を抑えることで、安眠をサポートするだけでなく、寝ている間に活性酸素を除去し「DHEA」の分泌を高めることで、細胞の再生がスムーズに。また睡眠不足だと、活動時間が長いため痩せそうですが、実は逆。睡眠不足になると食欲増進ホルモン「グレナリン」の分泌が盛んになってしまうそう。ビタミンCを摂って熟睡することでダイエットにもつながるかも!?

 

■寝る前ビタミンCの摂り方

(1)1000mgを目安に

先述の上符院長によれば、寝る前に摂るビタミンCの量は1000mg~2000mgがおススメとのこと。食べ物で1000mgのビタミンCを摂るのは大変ですから、サプリメントを利用してみて!

 

(2)常温の水で飲む

お茶やジュースはビタミンCの働きを弱めてしまう可能性がありますから、サプリメントを飲む時は、常温の水で飲みましょう。

 

(3)飲んだら30分以内に就寝

ビタミンCは水溶性ビタミンのため、吸収が早いのが特徴。サプリメントで摂った場合には、30分後には、血液に吸収されているそうですから、睡眠中のビタミンC効果を高めるため、飲んだら30分以内に就寝しましょう。

良質の睡眠は、美容と健康に欠かせない要素。寝る前ビタミンCを習慣にしてみてはいかがでしょうか。
(美養フードクリエイター 岩田 麻奈未)

【関連記事】
アンチエイジングの基本!アドバイザーが選ぶ「ビタミン」4つ

【参考】
※体脂肪がぐんぐん燃え出す!「やせる眠り方」- からだにいいこと2014年8月(祥伝社)

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

Related Article関連記事

最新の記事