LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

30代チークに「アンパンマン」!?たるみ知らずのリフトアップ風メイク術

NANA

NANA1

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

朝起きた時そんなに気にならなかったのに、夕方になると1日の疲れが出て、肌が下がって老けてみえることありませんか? 年を重ねてできてしまった「たるみ」は仕方がないこと。ですが、少しでも抗いたいのが女心。今回はリフトアップして見えるメイクをご紹介します。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

■「Cゾーン」にハイライトを入れる

目じりから眉下にかけて、アルファベットの「C」のような形を描いている部分を「Cゾーン」と呼びます。ここにハイライトを入れると目のたるみがとれて、目元がきゅっと上がってみえます。ハイライトの色は白ではなく、パールの入った「明るめのベージュ」がお勧めです。

 

■チークの真ん中に「アンパンマンハイライト」

アンパンマンの頬を思い出してください、四角に光っているイメージです。普段塗っているチークの上から、頬の高いところだけにちょこんとハイライトをのせます。すると、肌のハリ感がアップし、パンと張った若々しい肌になり、ほうれい線や頬のたるみが気にならなくなります。

 

■リップに「ツヤ」をプラス

グロスでもリキッドルージュでもOKです。唇はマットよりも「ツヤ」をプラスするとボリュームが生まれ、唇周りがリフトアップして見えるのです。

いかがでしたか? リフトアップして見せるためには、適度なツヤ感がとても大事なんです。Cゾーン、頬、リップこの3点を押さえればOKです。この3か所を意識するだけで、朝のフレッシュなメイクによみがえらせることができますよ。
(Hair&Make NANA)

【関連記事】
「ニコッと笑っちゃ」ダメ!?プロ直伝、30代流チークの入れ方・選び方

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

Related Article関連記事

ピックアップ

化粧のりの良い肌に。エイジング世代の頼れる“相棒”とは?

12月17日に「ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ」で開催された10周年記念イベントでは、プレミアムなエステ体験ができるスペースを特設。今回は、元海外コレクションモデル、現メイクアップア …

ストレスで肌老化が進む!?ダメージをケアしてハリ肌に導くスキンケアに注目

敏感肌でなくともお肌が荒れた時、数日を遡れば仕事のミスや誰かとのケンカなどでストレスが原因と感じる事、ありますよね。 肌はストレスを受けると血行不良などで皮膚の温度が下がってしまいます。皮膚の温度が下 …

最新の記事

sponsored by DomohornWrinkle