LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

もう失敗しない!「ネット通販」サイズの選び方・計り方 ボトムス編

ヒグチ トモミ

higuchi

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

最近ではネット通販が充実していますよね。購入したもののサイズが合わない! ということも少なくなく、お悩みの女性も多いのでは? そんな方のために、パタンナーでもある筆者がサイズ選びのコツをご紹介します。

0de97c0eed9f6598201c332179b5f8a2_s

前回の「もう失敗しない!ネット通販サイズ選びのコツ トップス編」では、トップスのサイズの測り方をお伝えしました。今回はボトムス編です。特にボトムスは、トップスよりもサイズが重要なので、より一層きちんと計りましょう。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life &Aging Report

■ウエスト

自分のウエスト位置を、まず鏡で確認しましょう。ウエスト位置は一番くびれているところです。へその位置はウエストよりやや下にありますから、へその位置では計らないようにしてください。運動量の多い位置なので、最低+1cmはゆとりが欲しいです。注意したいポイントとしては、股上が浅いボトムスは、ジャストウエストのものよりも寸法が大きくなること。股上の寸法が浅めかどうかもチェック!

 

■ヒップ

お尻の一番突起した位置から、水平にメジャーを当てたところがヒップです。メジャーがよれないよう注意!

 

■股上

前から見て、ウエスト位置から垂直にメジャーを下ろした股の位置までの長さです。正確な股の位置を知りたい人は、太ももに定規をはさむとわかりやすいですよ。繰り返しになりますが、へその位置はウエスト位置ではありません! ウエストの位置に注意しましょう。ウエスト位置の目安に紐など結ぶとわかりやすいです。「後股上」について記載されている通販もありますが、前と同じように後も計ればOK。後股上の方が、股上よりも長くなるはず。

 

■股下

股の位置から、垂直にメジャーを下ろした位置が股下です。フルレングスパンツの場合は靴を履くことも考え、メジャーが床につく位置よりも、3cm上ぐらいの長さが良いと思います。

 

■渡り

太ももの付け根からやや下の、太ももの一番張った部分を水平に計ったのが渡り幅。1/2サイズで表記されていると思います。

 

 ■裾幅・ひざ幅

パンツのラインを決めるのは、裾幅とひざ幅の関係性。ひざ幅と裾幅が同寸であればストレート、裾幅がひざ幅より細ければテーパード、太ければブーツカットです。スキニーを購入する際は自分の足首周りとひざ周りを計り、照らし合わせてサイズ感をイメージしましょう。

以上が通販サイトでよく見られる表記です。一度しっかりサイズを計っておけば、買うときに毎回計る必要がありません。洋服のサイズはブランドによって標準が異なりますから、「いつもMサイズだから大丈夫!」という考えは失敗のもと。お気に入りの服があれば、その服の寸法を計っておくのも一手です。

 

■ブランドのモデルの体型も参考に

また、着ているモデルの体型や身長も参照するのもいいでしょう。モデルはブランドイメージを体現する存在。モデルの体型は、そのブランドが目標とする体型となります。フラットなのかメリハリのある体型か、なで肩かいかり肩か(肩の傾斜は服を着るのにとても重要です)などをポイントにおいて、モデルを見るのも新鮮ですね。ひと手間加えて、自分のサイズを知ることでネットでの服選びがグッと楽しく、身近になりますよ。
(レタル店主/デザイナー・パタンナー ヒグチトモミ)

【関連記事】
もう失敗しない!ネット通販サイズ選びのコツ トップス編

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

0de97c0eed9f6598201c332179b5f8a2_s

Related Article関連記事

ピックアップ

「頬」が見た目年齢を左右する!?美容家が教える“若々しい印象の肌”をつくる秘訣

「見た目年齢を左右するのは頬だった!?」…実は近年、研究によって頬が見た目年齢に影響を与えることが明らかになっています。 そこで今回は、若々しい印象の頬を保つためのお手入れを、美容部員としての経験があ …

“自分時間”が美肌を作る!忙しくてもきれいな人の美肌習慣って?

肌悩みが増えるアラフォー女性にとって、美容にたっぷりと時間をかけることは、切望しながらも実際は難しいもの。家族や友人の助けなくしては、自分のための時間を確保することさえ難しい、と感じる方も多いのでは? …

見直すのはシャンプーだけではなかった!?プロが教える、毎日の「ツヤ髪ケアの秘訣」

髪のパサつきやうねり、くせ毛のために、シャンプーやトリートメント選びにこだわっているという女性は多いですよね。 さらに、ツヤ美髪を目指すなら、“使い方”にもこだわる必要があるようです。それは、“毎日使 …

ストレスでシミが加速!?美のプロも頼る美白ケアって?

出会いや別れ、環境の変化も多い春は、期待とともに精神的なストレスを感じやすい時期。この時期、肌荒れに悩みがちという女性も少なくないのでは? 最新の研究では、ストレスによる肌荒れは、ニキビやザラつきだけ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら