LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

もう失敗しない!「ネット通販」サイズの選び方・計り方 ボトムス編

ヒグチ トモミ

higuchi

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

最近ではネット通販が充実していますよね。購入したもののサイズが合わない! ということも少なくなく、お悩みの女性も多いのでは? そんな方のために、パタンナーでもある筆者がサイズ選びのコツをご紹介します。

0de97c0eed9f6598201c332179b5f8a2_s

前回の「もう失敗しない!ネット通販サイズ選びのコツ トップス編」では、トップスのサイズの測り方をお伝えしました。今回はボトムス編です。特にボトムスは、トップスよりもサイズが重要なので、より一層きちんと計りましょう。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life &Aging Report

■ウエスト

自分のウエスト位置を、まず鏡で確認しましょう。ウエスト位置は一番くびれているところです。へその位置はウエストよりやや下にありますから、へその位置では計らないようにしてください。運動量の多い位置なので、最低+1cmはゆとりが欲しいです。注意したいポイントとしては、股上が浅いボトムスは、ジャストウエストのものよりも寸法が大きくなること。股上の寸法が浅めかどうかもチェック!

 

■ヒップ

お尻の一番突起した位置から、水平にメジャーを当てたところがヒップです。メジャーがよれないよう注意!

 

■股上

前から見て、ウエスト位置から垂直にメジャーを下ろした股の位置までの長さです。正確な股の位置を知りたい人は、太ももに定規をはさむとわかりやすいですよ。繰り返しになりますが、へその位置はウエスト位置ではありません! ウエストの位置に注意しましょう。ウエスト位置の目安に紐など結ぶとわかりやすいです。「後股上」について記載されている通販もありますが、前と同じように後も計ればOK。後股上の方が、股上よりも長くなるはず。

 

■股下

股の位置から、垂直にメジャーを下ろした位置が股下です。フルレングスパンツの場合は靴を履くことも考え、メジャーが床につく位置よりも、3cm上ぐらいの長さが良いと思います。

 

■渡り

太ももの付け根からやや下の、太ももの一番張った部分を水平に計ったのが渡り幅。1/2サイズで表記されていると思います。

 

 ■裾幅・ひざ幅

パンツのラインを決めるのは、裾幅とひざ幅の関係性。ひざ幅と裾幅が同寸であればストレート、裾幅がひざ幅より細ければテーパード、太ければブーツカットです。スキニーを購入する際は自分の足首周りとひざ周りを計り、照らし合わせてサイズ感をイメージしましょう。

以上が通販サイトでよく見られる表記です。一度しっかりサイズを計っておけば、買うときに毎回計る必要がありません。洋服のサイズはブランドによって標準が異なりますから、「いつもMサイズだから大丈夫!」という考えは失敗のもと。お気に入りの服があれば、その服の寸法を計っておくのも一手です。

 

■ブランドのモデルの体型も参考に

また、着ているモデルの体型や身長も参照するのもいいでしょう。モデルはブランドイメージを体現する存在。モデルの体型は、そのブランドが目標とする体型となります。フラットなのかメリハリのある体型か、なで肩かいかり肩か(肩の傾斜は服を着るのにとても重要です)などをポイントにおいて、モデルを見るのも新鮮ですね。ひと手間加えて、自分のサイズを知ることでネットでの服選びがグッと楽しく、身近になりますよ。
(レタル店主/デザイナー・パタンナー ヒグチトモミ)

【関連記事】
もう失敗しない!ネット通販サイズ選びのコツ トップス編

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

0de97c0eed9f6598201c332179b5f8a2_s

Related Article関連記事

ピックアップ

重ね過ぎスキンケアを見直し!美容家実践の「土台整えスキンケア術」

乾燥やエイジングなど肌悩みが増えるLAR世代。“今よりキレイな肌を手に入れたい”“頑張った自分へのご褒美にスペシャルなスキンケアを楽しみたい”それはとても素敵なこと。 スキンケアアイテムをたくさん手に …

やりがち!?冬の“乾燥砂漠肌”に陥るNG習慣と皮膚科医に聞く「話題の有効成分」

化粧水の効果を感じづらい、乾燥で肌がヒリヒリする……冬は、そんな乾燥肌悩みが増える季節。実は、何気なくしている習慣が“乾燥砂漠肌”を引き起こしていることもあるのです。 皮膚科医の森智恵子先生に、“乾燥 …

たるみ頬にNO!プロが教える、若見え“上向きフェイス”を叶える美肌習慣

年齢を重ねるにつれ、今までのスキンケアでは満足できずに、悩み別のケアアイテムをそろえたものの効果がよく分からない……という女性も多いのでは。 老け見えのもととなる、たるみやくすみは、普段の習慣や肌環境 …

  • ツヤ肌
  • ハリ肌

最新の記事