LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

オイルだけじゃない!注目のアンチエイジングフード「ココナッツミルク」の使い方

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

ココナッツオイルやココナッツウォーター、ココナッツ製品が人気急上昇中ですね! どちらもお手軽に取り入れることができておすすめなのですが、もう一つおすすめしたいココナッツ製品が「ココナッツミルク(クリーム)」。甘い香りで、甘味料ゼロでも充分美味しいココナッツミルクは、ダイエット中でもOKの優れもの。もちろん、アンチエイジングにもおすすめですよ。

20150216iwata123

■ココナッツミルクとは?

ココナッツオイルは、成熟したココナッツの実の白い部分から抽出したオイル。ココナッツミルクは、白い部分を煮出して絞ったエキス。ココナッツの風味はそのままに、ココナッツオイル同様ラウリン酸のたっぷり含まれた、若返りのミルクなのです!

 

■ココナッツミルクのアンチエイジングパワー

(1)抗酸化力バツグン!

 ココナッツミルクに含まれる「ラウリン酸」は、中鎖脂肪酸のひとつで、肝臓で分解されケトン体となります。このケトン体は、神経細胞に届き脳を活性化させることで注目されているのですが、米カリフォルニア大学のバーデン教授によれば、ケトン体には活性酸素を除去する酵素を活発に働かせる効果があるそう。身体に備わっている抗酸化力を強める働きがあるということですから、まさに内側からのアンチエイジングにおすすめ。

 

(2)食べても脂肪にならない!?

中鎖脂肪酸は、腸での消化吸収に消化酵素を必要としないため、一般的なオイルや肉に含まれる「長鎖脂肪酸」の約4倍のスピードで吸収され、約10倍のスピードで代謝されるため、身体に脂肪として蓄積されにくいのが特徴。さらに、既に蓄積された中性脂肪を減らす働きもあるそうですから、ダイエット中でも安心!

 

(3)ミネラルたっぷりでデトックス!?

身体の水分バランスを保ちむくみの改善に役立つカリウム、腸内で水分を保ちスムーズな排出を促すマグネシウムが豊富。身体の中に溜まった老廃物や毒素排出のサポートに。この他、女性に必要な鉄、ホルモンバランスを保つ亜鉛も豊富です。

 

■ココナッツミルクの使い方4つ

・ドライフルーツを漬けこむ
・フレッシュフルーツと和える
・スムージーやコーヒーに入れる
・牛乳の代用品に
などなど、何にでも使えるココナッツミルク。濃厚な香りと食感で、食べごたえもバッチリですから、アンチエイジングなスイーツとして取り入れてみてはいかがでしょうか。
(美養フードクリエイター 岩田 麻奈未)

【関連記事】
毎日エイジングケア!ココナッツオイル超活用「若返りレシピ」5つ

【参考】
※クロワッサン特別編集(2014)『ココナッツオイルバイブル』(マガジンハウス)

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20150216iwata123

Related Article関連記事

最新の記事