LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

目の次に見られてる!?「老け唇」を正しくケアして若返る方法

LAR編集部

icon

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

誰かと顔を合わせて話すとき、目と同じくらい「口元」を見ていませんか? ロシアで行われた実験によると、対面する相手の視線は、目元と口元に集中しているということが科学的にも判明したそう。そんな視線の集まりやすい口元、実はとっても老化しやすい場所でもあるのです。

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

■唇は老化しやすい?

唇は20歳を超えると老化が始まると言われています。なぜ唇は老けやすいのか、原因は主に3つあります。

●乾燥しやすい…唇には皮脂腺や汗腺がないため、水分が蒸発しやすく、すぐに乾燥してしまいます。
●水分を保てない…唇の皮膚の構造は粘膜に近く、一番外側の角質層が未発達のため、水分を保つ力が弱く、ハリがなくなりやすいのです。
●紫外線をほとんど防止できない…唇はメラニン色素が少ないため紫外線をほとんど防げません。夏場など、紫外線を強く受けてしまうと唇はやけど状態になり、コラーゲンの再生を不可能にしてしまいます。

また、口周りの筋肉や皮下脂肪の減少により、上唇のM字型の凹凸がなくなったり、唇全体が垂れてのっぺりとするなど、形の変化もでやすくなっています。

 

■正しいリップケア

唇の老化スピードは日常の心掛け次第で、大きく変わります! 気をつけたいポイントをおさえておきましょう。

屋外では紫外線対策を

紫外線はぷるんとした唇のコラーゲンを減らしてしまう大きな原因です。UVカットのリップクリームを使用し、日傘や、つばのある帽子を着用しましょう。シワや皮膚がんの予防にもなりますよ。

 

室内では乾燥対策を

室内であっても湿度が低い場所での暖房機器の使用などは、唇を乾燥させてしまいます。加湿器を使用する以外にも、コップに水を入れて置いておくだけでも効果があるので、デスクまわりやベッドサイドにプラスしてみて。

 

タバコは吸わないほうが得策

喫煙はビタミンが破壊されコラーゲンの再生ができなくなるだけでなく、タバコに含まれるタール色素の沈着により、黒ずみの原因にもなりかねません。

口角が上がり引き締まった口元は、唇そのものが若い証拠。対面する相手に好印象を与える上、常に見られている口元だからこそ、鮮やかでハリのある、自慢の唇を保ちましょうね。
(LAR編集部)

【関連記事】
手持ちアイテムでOK&道具不要!手とリップの集中ケア・保湿方法まとめ

【参考】
※佐藤由紀子著(2014)『「口もと」をキレイにすれば120%美人に見える』(大和書房)
口元の老化と防止について – 矯正歯科専門院フェイストーク
リップケア – ブリステックス
リップエステとは? – ホワイトエッセンス

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事