LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

0円でアンチエイジング!?美肌・ダイエットを叶える「咀嚼」の仕方

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

食べる量も、食べるものも変わっていないのに、なんだか太ってきた、たるみが気になる……。これは30代に入れば誰もが通る道かも知れません。そんな方におすすめのダイエット法が「咀嚼」。よく噛むだけで、エイジングケアになりそうですよ!

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

■「咀嚼」アンチエイジングパワー4つ

(1)食べ過ぎ予防に

美味しいものや好物の食べ物を見て、お腹がいっぱいでも「食べたい」と思うのは、食欲は脳がコントロールしているから。大分医科大学の坂田名誉教授によれば、よく噛むことで脳内にあらわれる「ヒスタミン」には、満腹中枢を刺激して食欲を抑える効果があるそうですから、食べ過ぎ予防に期待大!

 

(2)トリプルで脂肪をブロック

ヒスタミンは交感神経を刺激して、既に身体に蓄積された脂肪の分解を促します。また、脂肪の合成に必要な酵素の働きを抑える、糖が脂肪細胞に取り込まれるのを防ぐ、という3つの働きで脂肪の蓄積を防ぎます。

 

(3)お肌までキレイに!?

唾液に含まれる「パロチン」には、様々な組織の発育や新生をサポートする効果があり、順天堂大学の小林教授によれば、毛細血管を丈夫にする効果もあるそう。毛細血管が丈夫になれば、お肌の細胞まで酸素と栄養が届けられます。また、唾液には「EGF」という上皮成長因子が含まれ、皮膚や粘膜の再生を促し、スムーズなターンオーバーを促す作用がありますから、よく噛んで唾液をしっかり分泌させましょう。

 

(4)小顔効果も!?

顏の筋肉の7割以上が口の周りに集中しています。よく噛んで口を動かすことで、顏の筋肉が鍛えられ小顔効果も期待できそう!

 

■噛む回数を増やすコツ4つ

ズバリこの4つです!
1. ひと口で食べきれない大きさに切る
2. 「硬いもの」を選んで食べる
3. ひと口を小さくする
4. お茶やお水で流しこまない

噛むだけでOKの0円アンチエイジング法。外食や旅行先での食べ過ぎ予防にも役立ちますね。1口30回を目安に、よく噛んで食べる習慣をつけたいですね。
(美養フードクリエイター 岩田 麻奈未)

【関連記事】
「早食い」はデブ・たるみの元!?噛むだけアンチエイジング

【参考】
よく噛んで味わって食べる効果 - 花王健康科学研究所
かめば若返る…唾液腺ホルモン「パロチン」出す方法 – 女性自身
成分情報 EGF – わかさ生活

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事