LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

花瓶を使わずオシャレ!「ガラス瓶」でできるフラワーアレンジ

森初世

mori

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

暦の上では2月は立春。節分を過ぎると、徐々に春めいた陽気になっていくと言われています。春といえば、一年でもっともカラフルな花々が揃う季節。「仕事が忙しくて枯らしてしまう……」「花瓶を持っていないし、最近はお花さえ買わない」という方も侮るなかれ! 素敵にお花を生ける簡単テクニックをご紹介します。

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

■無造作に「瓶」に生けて自由にアレンジ!

ジャムの瓶、大きめのグラス、ピッチャー、メイソンジャーなど、とにかく空いたガラス瓶を使い、無造作に生けてみましょう。レストランやおしゃれなショップにあるような今風の演出になる、と気軽にお花を生ける人が急増中なんです! ダイニングテーブルやキッチンなど、あるとさりげなく場が華やかになる脇役どころは、一輪挿しで小さな瓶に飾りましょう。
また、リビングの一角や部屋の中でも殺風景な場所には、ピッチャーなどの少し存在感のある器を使って、好きなお花やグリーンを生けるのがおすすめです。

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

■花が枯れてしまったら?

切り花が美しく咲く時期には、どうしても限りがあります。今は暖房などで空気が乾燥することによって、水を替えても1週間ほどしか持ちません。常に花を買い足すのが面倒という人は、花の空いた瓶をインテリアとして活かしてみましょう。空き瓶の隣に、頻繁に水やりをしなくても枯れない観葉植物を置いたり、洋書や雑貨などを置いて空間づくりを楽しんでみて! 模様替えをした時のように気分が上がり、オリジナルの空間に癒されるはず。

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

フラワー業界でも、毎年この時期の花は充実したラインナップなのだとか。ピンク、パープル、イエロー、ホワイト、グリーンと色や趣類も豊富で、何を買おうか迷ってしまうほどです。あなたも、女子力が上がる「花のある生活」を始めてみませんか?
(Lapure(ラープレ)主宰/ヨガ&フェイシャルヨガ講師 森初世)

【関連記事】
思わず自慢したくなる!?たったこれだけ「ドライフラワー」の作り方

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事