LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

順番、間違ってない?美肌に整える「洗顔」の正解プロセス5つ

LAR編集部

icon

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

1日の終わりに肌をリセットさせる洗顔。特にこだわりなく、なんとなくやっていませんか? 顔のパーツごとの正しい洗顔方法をきちんと知っておけば、自然と美肌を手に入れることができるかもしれませんよ。

LARLBR)shutterstock_99518960

■正しい洗顔のプロセスを知ろう

部屋の掃除をする時には天井の埃を落としてから掃除機をかけるという順序があるように、肌の汚れを落とす時にも順序があります。心得るべき5つのステップと、パーツごとの特徴をご紹介しましょう。

(1)手洗い

汚れたままの手では、洗顔料がうまく泡立ちません。汚れをしっかり水で洗い落したら、洗顔料をよく泡立てて、まずは手をしっかり洗い上げましょう。

(2)顔をすすぐ

続いてクレンジングを行います。この時ゴシゴシとこすってしまうと、皮脂や角質を必要以上に削ってしまい、乾燥の原因に。

(3)洗顔の正しい順序

準備が済んだら、洗顔料をよく泡立てます。パーツごとの特徴を抑えながら、やさしく泡で洗顔をしましょう。この際も肌をこすらずに、泡の上で指をすべらすようにすること。

1. おでこ:皮脂の多いおでこからスタート。額の中央から、眉に沿って、こめかみに向かってくるくるとなじませます。
2. 小鼻:鼻のまわりは、毛穴のつまりや炎症などのトラブルが出やすい場所。ゴシゴシこするのは絶対にNGです。指の先で小さな円を描くように、小鼻をクルクルとすべらせて泡を行き渡らせましょう。
3. 頬:頬は外側にいくほど洗い残しやすくなります。手のひら全体を使って、顔の中央から外側に向かって大きな丸を描くようになでましょう。
4. 口まわり:食べ残しや口紅などの落ちにくい汚れがたまっているので丁寧に洗いましょう。あごの下も、唇に沿って上に引き上げるイメージでなで洗いします。
5. まぶた・目の下:とても皮膚が薄い部分です。くぼんだ部分は洗い残しやすくなるので、たっぷりの泡で埋めるようにしましょう。

(4)洗い流し

部分洗いが終わったら、30~32度のぬるま湯で洗い流します。熱すぎるお湯は、肌の潤いを奪ってしまうので乾燥の原因に。たっぷりと時間をかけ、30回以上を目安にすすげば十分です。

(5)仕上げ

ここまでのプロセスの仕上げは、清潔なタオルにかかっています。雑菌ばかりのタオルを使っては、すべてが台無しに。タオルに水分を吸収させるイメージで顔をあて、こすらないようにふいてください。


どのプロセスでも共通して注意したいことは「こすりすぎ」。正しい洗顔をマスターして、美肌をキープさせましょう。
(LAR編集部)

【関連記事】
洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ

【参考】
※今野華都子著(2010)『肌が劇的に変わる!「呼吸しながら」3分洗顔』(講談社)
洗顔の基本 – ユニリーバ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

LARLBR)shutterstock_99518960

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事