LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

花粉症対策&美白に◎!カンタンおいしい「ケールレシピ」3つ

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

青汁でお馴染みの「ケール」。キャベツと同じアブラナ科の野菜で、最近ではスーパーでも生をみかけるようになりましたね。ケールは、栄養価が高いことはもちろん、花粉症にも、お肌にも、ダイエットにも効果的な万能野菜! エイジング世代のスムージーには、ケールがおすすめです!

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

■ケールのビューティーパワー3つ

(1)お肌を内側からキレイに

ケールには、シミの元となるメラニンの生成を抑制する働きがあるそう。ファンケルの研究によれば、ケールを摂取することでお顏だけでなく、腕の皮膚の色も明るくなったそうですから、日焼けが気になる首やデコルテにも効果を発揮してくれそう!

(2)カルシウムの吸収率がスゴイ!

カルシウムは、角質層の一つ下の顆粒層に存在し、顆粒細胞が角質細胞へ変わる際に欠かせないミネラル。また、角質細胞同士の接着を強めてバリア機能を高め、お肌を乾燥から守る働きもあります。野菜に含まれるカルシウムは吸収が良くないのですが、ケールに含まれるカルシウムは牛乳と同等以上の吸収率を有するそう! カルシウム不足は、肥満の原因にもなるそうですから、積極的に摂って◎。

(3)花粉症対策にも

ケールに含まれるフラボノイドには、花粉症などのアレルギーを抑制する働きがあるそうですから、花粉症が気になるこれからの季節におすすめ。

 

■カンタンおいしい!ケールレシピ 3つ

(1)ケールチップス

オーブンの天板にクッキングシートを敷き、ケールを並べ、スプレー式のオリーブオイルを吹き掛けます(無くても出来ます)。150℃のオーブンで15分程度乾燥させて出来上がり。

 

(2)ケールサラダ

ケールを食べやすい大きさに切って、オリーブオイルと、すりおろしたパルメザンチーズで和えます。お好みでクルミやアーモンドを加えても◎。

 

(3)ケールスムージー

ケール生葉(もしくは青汁)、リンゴ1/2個、バナナ1/2本、レモン1/4程度、水適量をミキサーにかけて出来上がり。バナナが入ることでまろやかになり、ケールの青臭さが苦手な方にもおすすめ。

花粉症や紫外線が気になるこれからの季節、ケールを食べてお肌も身体もケアしてみてはいかがでしょうか。
(美養フードクリエイター 岩田 麻奈未)

【関連記事】
今年こそ続けたい!「食べてキレイになる」式ダイエット4選

【参考】
ケールがもたらすダブルの美白 – FANCL
ケール由来のカルシウムは吸収が良い – FANCL
花粉症などのアレルギー性疾患に有効なケールの成分を特定 – FANCL
潤いのあるお肌にも欠かせないカルシウムイオン – カルシウムイオン.com
皮膚のかさつきを防ぐ温度センサーの働きを解明 - 生理学研究所
メタボ予防にカルシウムを! - カルシウムイオン.com

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

Related Article関連記事

最新の記事