LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

ドライからがポイント!美髪を育むシャンプーのアフターケア法5つ

遠藤幸子

endosan

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

美髪を育むためには日々のケアが重要となりますが、シャンプーやトリートメントにこだわるという方でもアフターケアが不十分だと逆に髪を傷める恐れがあります。正しい知識を持ってアフターケアを行うことで頭皮の健康を保ち、美髪を育むことが重要です。そこで、今回は美髪を育むためのシャンプー後のケア方法についてご紹介します。

l140711
■シャンプー後のケア方法5つ
(1)濡れた髪はタオルで優しく水気を抑える
濡れた状態の髪はうろこ状のキューティクルが開き、とても繊細な状態になっています。タオルでゴシゴシ擦る行為は濡れてもろくなった状態の髪を傷みつける原因に。シャンプー後はタオルで優しく抑えるようにして水気を取り、すぐにドライヤーで髪を乾かすことが大切です。

(2)ドライヤー前に注意したいこと
ドライヤーをかける前に注意したいのはドライヤーの熱から髪を守ること。シャンプー後にトリートメントやコンディショナーを使用されている方がほとんどだと思いますが、その後ドライヤーをかける前にもアウトバス用トリートメントやヘアオイルなどをつけ、ドライヤーの熱から髪を守ることが肝要です。また、この時に注意したいことは頭皮にはアウトバス用トリートメントやヘアオイルなどがつかないようにするということ。あくまでも毛先を中心に髪に馴染ませることが大切です。

(3)ドライヤーで頭皮→髪の順に乾かす
ドライヤーで乾かす順序も実は重要。乾きにくい頭皮から順番に乾かしていきましょう。この時注意したいことは、ドライヤーの温度。頭皮を乾かす時には特にドライヤーの温度を低めに設定します。高温の風を頭皮に近付け過ぎると頭皮を傷つける恐れがあります。頭皮から10cm程度ドライヤーを離し、低めの温度で乾かしていくことをお勧めします。また、髪についてもドライヤーの熱風を近くからかけることは髪を傷める原因となるためNGです。注意しましょう。

(4)乾かすのは8割程度
ドライヤーで髪を傷める原因の1つに“オーバードライ”をあげることができます。ドライヤーで髪を乾かす際は8割程度を心掛け、後は余熱などで乾かすことがベストです。

(5)育毛剤などで頭皮のケアを
髪が乾いたら育毛剤を頭皮に塗るなどして、頭皮の乾燥を防ぎ、育むようなケアをすることが大切です。また、この際頭皮のマッサージを行うことも美髪を育むためには重要なケアとなります。マッサージするには自分の手も優秀なツールとなりますが、カッサなどのグッズを使用するのもお勧め。心地いいと思える強さでツボなども意識してマッサージするとさらに効果的です。

このほかにも、美髪を育むためにはストレスを上手に解消し、質のいい睡眠とバランスのとれた食生活を行う、そして血流をよくすることも大切。毎日の中でリラックスやリフレッシュできる時間を持ち、適度な運動を取り入れることで美髪を育みましょう。

(アンチエイジングアドバイザー 遠藤幸子)

【関連記事】

ツヤ髪になりたかったら日本伝統の●●を食べてみて!


【参考】
※友利新監修(2014)『最新版 肌美人になる スキンケアの基本 悩み解消パーフェクトBOOK』(学研パブリッシング)
※吉木伸子著(2011)『素肌美人になるためのスキンケア美容医学事典』(池田書店)

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

l140711

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事