LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

チョコで脚スッキリ!?美脚を手に入れるチョコの選び方・食べ方

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

第2の心臓ともいわれる「ふくらはぎ」の血行を保つことは、冷えやむくみの改善、代謝アップにつながるといわれています。そこで一役かってくれるのが「チョコレート」。エイジング世代に欠かせないポリフェノールもたくさん含まれているんですよ。

LARLBR)shutterstock_57398098

■チョコレートで脚スッキリ!?

ローマ大学で行われた実験では、足の動脈に疾患のある患者に、ダークチョコレートを食べた後と、ミルクチョコレートを食べた後に歩行テストを行ったところ、ダークチョコレートを食べた被験者の歩行距離と歩行時間が伸びたという結果が出たそうです。これは、ダークチョコレートに含まれる「エピカテキン」などの、強い抗酸化力のあるポリフェノールが影響しており、これにより血管を拡張させて血流を促す効果のある「NO(一酸化窒素)」の濃度が高まり、脚の血流が改善することもあるそうです。脚の血流がスムーズになれば、むくみの改善にもつながりやすくなりますよね。

 

■美脚になれる!?チョコレートの選び方・食べ方

(1)カカオ85%以上のダークチョコレート

先述の実験では、カカオ85%のチョコレートを40g使用しています。積極的に脚の血流を改善したい方は、カカオ85%以上のチョコレートを選びましょう。ただし、ダークチョコレートと書かれていても、カカオ含有量の表示がないものは避けた方が無難です。

 

(2)ココアパウダーを利用する

ココアパウダー(純ココア、ピュアココア)には、カカオパウダーが80%ほど含まれています。コーヒーや豆乳、ヨーグルトなどにココアパウダーを混ぜれば続けやすいかも!

 

(3)ちょこちょこ食べる

ポリフェノールは水溶性のものが多く、ある程度の即効性が期待できますが、身体に蓄積はされません。一度に沢山食べるのではなく、コーヒーとダークチョコレート、ヨーグルトにココアパウダーなど、少しずつ取り入れましょう。

アメリカの研究では、チョコレートを食べる人ほどBMI(肥満指数)が低いとの報告もあるそうですから、美味しいチョコレートで楽しくエイジングケアしたいですね!
(美養フードクリエイター 岩田 麻奈未)

【関連記事】
ミルクチョコじゃNG!手軽にカカオパワーを取り入れる方法まとめ

【参考】
ダークチョコレートが脚の血流を改善 – HealthDay Japan
チョコレートと健康 – ゴディバ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

LARLBR)shutterstock_57398098

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事