LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

夏ダメージでしみ、抜け毛に!?「夏老け対策」5つ

岸田茉麻

IMG_2733

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

紫外線による「日焼けやシミ」、エアコンによる「乾燥や抜け毛、加齢臭」などの夏老け対策、あなたはできていますか?

肌ストレスを感じやすくなるこの時期だからこそ、早めのケアが肝心です。

夏ダメージでしみ、抜け毛に!?「夏老け対策」5つ

今回は、コスメコンシェルジュの筆者が「夏老けの5大トラブルや対処法」について詳しく解説していきます。

■「夏老けサイン」に注意

「夏老けサイン」に注意

紫外線やエアコンなどによるトラブルで、肌のエイジングサインが目立ってしまう「夏老け顔」。夏老けは、大きく5つのトラブルが挙げられます。

(1)しみ、くすみ
(2)シワ
(3)日焼け
(4)大人ニキビ
(5)抜け毛

夏老けの5大トラブルの原因は、紫外線やエアコンによる乾燥、夏バテによる栄養不足などが考えられます。しみやくすみ、シワや抜け毛で老け見えになってしまうのは、なんとしてもさけたいものですね。

■夏老けを防ぐスキンケア対策5つ

夏老けを防ぐスキンケア対策5つ

夏特有のエイジングサインは、早めのケアで対処できることがあります。スキンケア対策を中心に、5つの夏老けを防ぐ対処法について解説していきます。

(1)しみ・くすみ

しみ・くすみ

夏は、1年の中でも紫外線量が多い季節です。紫外線による主な肌ダメージは、しみやくすみですが、波長の長い紫外線は肌のハリを支える真皮にまで到達し、たるみやシワを引き起こすことがあります。

お出かけの前は、「日焼け止め乳液」がマストです。また、普段のスキンケアでは十分な保湿を心がけ、肌のターンオーバーとともにメラニンを排出させましょう。

(2)シワ

シワ

エアコンのある環境で過ごすと、肌の水分量が低下してしまいます。肌が乾燥するのはもちろん、外との気温差で肌の水分や油分のバランスが崩れ、バリア機能が低下して敏感肌になる場合もあります。

乾燥によるシワ(表皮性シワ)は、入念な保湿ケアを行うことによって改善が見込めます。この時、肌の水分量をキープすると同時に、バリア機能を正常化させる「セラミド」を配合したスキンケアアイテムを使うと良いでしょう。

(3)日焼け

日焼け

紫外線による日焼けダメージは、顔のほてりや赤み、ピリピリとした刺激につながります。「日焼け止め乳液」だけでなく、帽子やサングラスで紫外線を防御しましょう。出かける前にはパックで十分に保湿することも重要です。

適切なアフターケアで肌トラブルの悪化を回避

また、日焼けをしてダメージを受けた場合は、適切なアフターケアで肌トラブルの悪化を回避できることがあります。

刺激を感じる場合は、過度なスキンケアや洗顔を控え、冷たいタオルを当てながら肌の表面温度を下げましょう。日焼け後でも刺激が強くない場合は、「ビタミンC誘導体」などの美白成分を配合した化粧品でスキンケアを行ってください。

(4)大人ニキビ

大人ニキビ

皮脂の過剰分泌が主な原因である「思春期ニキビ」と違い、「大人ニキビ」にはさまざまな原因が絡み合っています。

夏の場合、「高温多湿による皮脂の過剰分泌、毛穴づまり、エアコンによる乾燥」などが大人ニキビを引き起こします。日焼け止めを十分に落とさないことも、大人ニキビにつながる場合があります。

定期的に不要な汚れをとり除く

大人ニキビを予防するためには、保湿を中心としたスキンケアが欠かせません。また、毛穴づまりや古い角質を定期的にとり除くことも大切です。

週に1回、酵素洗顔やスクラブ洗顔をとり入れ、毛穴や肌表面の不要な汚れをとり除きましょう

(5)抜け毛

抜け毛

「夏バテで食欲がない」という人も多いと思います。しかし、偏った食事や不摂生による栄養不足は、抜け毛につながることもあります。

加えて、汗により「ミネラル」が失われたり、紫外線による影響で頭皮に負担がかかることも、抜け毛の原因につながります。

食欲がなくても、栄養をきちんととらなければなりません。夏バテを感じたら、ビタミンやミネラルなどの成分が豊富に含まれている「うなぎ」や「スイカ」をとり入れると良いでしょう。

頭皮に負担を与えない

通気性の良い帽子を着用して、頭皮に負担を与えないことも大切です。

夏特有の肌トラブルといえば紫外線ダメージやエアコンによる乾燥ばかりに注目しがちですが、汗や栄養不足、日焼け止めの落とし忘れなども夏老けを引き起こします。

今回ご紹介した夏老け対処法は、いずれもすぐに始められるものばかりです。早めの対処で、シワやくすみなどの夏老けトラブルを回避しましょう。

(コスメコンシェルジュ/美容ライター 岸田茉麻
日本化粧品検定1級保有。美容部員の経験を生かし美容ライターに転身。コスメのみならず、食生活や生活習慣を含めた美容に役立つ情報を発信中。)

【関連記事】
シミ対策に◎!美白化粧品の選び方と美容家おすすめ4選
たるみ毛穴対策に!おすすめコスメ6つとマッサージ法
お風呂上がりにシワをチェック!タイプ別「シワ対策」2つ
たるみ頬リフトアップ!「ほうれい線にサヨナラ」する顔ヨガまとめ

【参考】
年間の紫外線量 – 日本ロレアル
その“常識”で大丈夫!?確認必須の紫外線危険度グラフ – ロート製薬
うなぎの栄養 – 活うなぎ うな天
スイカのチカラ – 萩原農場

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

夏ダメージでしみ、抜け毛に!?「夏老け対策」5つ

Related Article関連記事

ピックアップ

夏はエイジングが加速する!?初夏にすべき美肌を守るスキンケアとは

梅雨が明けると、本格的な夏の到来ももうすぐ。皆さんは、夏に向けてしっかりとお手入れをしていますか? 一年の中でも、夏は特にエイジングが加速しやすい季節だと言えます。そのため、この時期から美肌を守るため …

「頬」が見た目年齢を左右する!?美容家が教える“若々しい印象の肌”をつくる秘訣

「見た目年齢を左右するのは頬だった!?」…実は近年、研究によって頬が見た目年齢に影響を与えることが明らかになっています。 そこで今回は、若々しい印象の頬を保つためのお手入れを、美容部員としての経験があ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら