LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

3分で小顔見え!コリとむくみ解消の「首元ストレッチ」

森和世

image024

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

季節の変わり目とはいえ、ここ最近の気温差で身体も心もグッタリしてしまいます。身体の不調は自立神経を乱し、さらなる不調へとつながる場合もあります。

そして、ストレスから生じるむくみは「太ったかも」と、ネガティブな感情を刺激します。

3分で小顔見え!コリとむくみ解消の「首元ストレッチ」

今回は、身体がラクになってむくみも解消できるストレッチをご紹介します。

■コリ知らずで小顔に近づく3分ストレッチ

肩コリや首のコリがひどいと血液循環は悪くなり、顔がくすんで「むくみ」につながります。

さらに、首筋にある「胸鎖乳突筋」から「鎖骨」には静脈が流れているので、多くのリンパ節が存在しています。顔の水分や老廃物はこの静脈を通って排泄されるので、静脈が詰まっていると、むくみやコリはもちろん、老廃物が溜まって肌荒れの原因になる場合もあります。

期待できる効果

・首、肩、腕のコリ改善
・むくみや頭痛などの軽減

注意する点

・決して無理をせず、伸ばして気持ちのいい範囲でじっくりと動作しましょう。
・伸ばす時には、息をゆっくりと吐くようにしましょう。
・伸ばした際に鋭い痛みを感じる方向は、キープ時間を短めにしましょう。

実践回数&期間

コリや疲れを感じた時に実践すると、心身ともに変化を感じられます。

やり方

座った姿勢から右手を肩の高さに伸ばし、左腕で胸の前に引き寄せます。右肩甲骨からゆっくり腕全体をストレッチしましょう。この時、右肩が上がりやすいので、下げるように意識して姿勢を整えましょう

(1)座った姿勢から右手を肩の高さに伸ばし、左腕で胸の前に引き寄せます。右肩甲骨からゆっくり腕全体をストレッチしましょう。この時、右肩が上がりやすいので、下げるように意識して姿勢を整えましょう。

吐く息とともに、顔を左側にゆっくり向けます。左目で右肩の下の方を見るようにして、左の首筋から鎖骨周辺もほぐします

(2)吐く息とともに、顔を左側にゆっくり向けます。左目で右肩の下の方を見るようにして、左の首筋から鎖骨周辺もほぐします。

ゆっくりと正面に戻り、反対側も同様に動作しましょう。

左手を下に下げ、右手で左こめかみに手を添えます

(3)左手を下に下げ、右手で左こめかみに手を添えます。

吐く息とともに右側に頭を傾け、目線は左斜め下の床に下ろします。そのまま5呼吸ほど繰り返し、じわじわと左首筋が伸びるのを感じましょう

(4)吐く息とともに右側に頭を傾け、目線は左斜め下の床に下ろします。そのまま5呼吸ほど繰り返し、じわじわと左首筋が伸びるのを感じましょう。

さらに、下ろした目線を左指先から肘、肩、胸などへと移動させながら、伸ばして気持ちのいい加減でゆっくり呼吸を繰り返しましょう

(5)さらに、下ろした目線を左指先から肘、肩、胸などへと移動させながら、伸ばして気持ちのいい加減でゆっくり呼吸を繰り返しましょう。

反対側も同様に動作しましょう。

いかがですか? 首や肩のコリは溜めておいてもいいことはありませんので、コリを感じたらこまめにストレッチで解消するのが◎です。ぜひ、オフィスなどで気軽に実践してみてください。

(株式会社ボディクエスト YOGAエクササイズディレクター 森和世
ボディクエストのエクササイズディレクターとしてワークアウト開発に携わると同時に、YOGAスタジオやスポーツクラブなどで指導にあたる。著書に「ふたりストレッチ」「幸せ美人になるための5日間レッスン」など。)

【関連記事】
足首が太くなる!?ズルズル歩きにぺたんこ靴…NG習慣5つ
猫背でポッコリお腹に!?今すぐやめたい「NG姿勢」5つ
ぽっこりお腹を解消!寝たまま「お腹痩せヨガポーズ」
たったの3分!すっきり痩せ見えが叶う「二の腕エクサ」

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

3分で小顔見え!コリとむくみ解消の「首元ストレッチ」

Related Article関連記事

ピックアップ

夏はエイジングが加速する!?初夏にすべき美肌を守るスキンケアとは

梅雨が明けると、本格的な夏の到来ももうすぐ。皆さんは、夏に向けてしっかりとお手入れをしていますか? 一年の中でも、夏は特にエイジングが加速しやすい季節だと言えます。そのため、この時期から美肌を守るため …

「頬」が見た目年齢を左右する!?美容家が教える“若々しい印象の肌”をつくる秘訣

「見た目年齢を左右するのは頬だった!?」…実は近年、研究によって頬が見た目年齢に影響を与えることが明らかになっています。 そこで今回は、若々しい印象の頬を保つためのお手入れを、美容部員としての経験があ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら