LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

NG保存法で不衛生!?夏の「作り置き」注意ポイント4つ

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

時間のある時にたっぷり作っておけば、いつでも手料理が食べられる作り置きは、仕事や育児に忙しい世代に欠かせませんよね。でも、湿度と気温が高くなるこれからの季節は、ちょっと注意が必要です。

NG保存法で不衛生!?夏の「作り置き」注意ポイント4つ

せっかくの作り置きが、食べきらないうちにダメになってしまった……なんてことにならないよう、これからの季節に注意したいポイントを4つご紹介します。

■夏の作り置き 注意したいポイント4つ

(1)煮沸消毒できる容器を使う

安価なタッパーなど、さまざまな容器がありますが、作り置きに使うのであれば、やはり煮沸消毒できる容器がベストです。作った料理を入れる前に、必ず煮沸消毒しましょう

さらに、焼酎などのアルコール度数の高いアルコールで容器を拭いてから料理を入れれば、より安全性が高まります。

(2)二重にフタをする

食品は、空気に触れることで酸化して劣化が早まります。

お料理にピッタリとくっつけるようにラップフィルムなどでフタをして、料理が空気に触れるのを防ぎましょう。

(3)清潔な菜箸を使う

容器からお皿へお料理を移すときは、清潔な菜箸を使います

また、他のお料理に使っていた菜箸を、次に使う場合、サッと水で流してそのまま使っていることはありませんか?

余分な水分が入ることも、作り置きの劣化につながりますから、作り置きを取り分ける際には、水分をしっかりふき取ってから使いましょう。

(4)食べ残しを戻さない

作り置きのお料理は、食べる分だけ出して、残りをすぐに冷蔵庫に入れるのが鉄則ですが、多めに出してしまった場合の食べ残しを容器に戻すのも厳禁です!

「ちょっとの時間だから」と思っても、お料理の温度も上がっていますし、食卓に並んでいる間に余分なものが入り、作り置き全体の劣化につながります。

食べ残しは、食べ残しで別にお皿にとって冷蔵庫へ入れ、くれぐれも作り置きの容器に戻さないようにしましょう。

ちょっとの油断が、食中毒につながる季節です。せっかく作った作り置きを無駄にしないためにも、衛生を心がけたいですね。

(美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ
料理教室Manami’s Kitchen主宰。パリのEcole Ritz Escoffierにてフランス料理を学びDiploma取得、本草薬膳学院にて薬膳を学び、中医薬膳師の資格を取得。健康リズムカウンセラー、味覚カウンセラー(スタンダード)。自著「ヤセ菌が増えて太らない食べ方」(2016年・自由国民社)。コラム執筆、雑誌、TVなど多数のメディア出演実績がある。)

【関連記事】
なぜ痩せない?管理栄養士が教えるファスティングの落とし穴
今年こそ食べてキレイに!美容家が40歳から始めたこと3つ
美容に◎!高カロリーだけど「美容と健康に役立つ食品」4つ
「酵素ジュース」は砂糖不使用で出来る!作り方のポイント

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

NG保存法で不衛生!?夏の「作り置き」注意ポイント4つ

Related Article関連記事

ピックアップ

夏はエイジングが加速する!?初夏にすべき美肌を守るスキンケアとは

梅雨が明けると、本格的な夏の到来ももうすぐ。皆さんは、夏に向けてしっかりとお手入れをしていますか? 一年の中でも、夏は特にエイジングが加速しやすい季節だと言えます。そのため、この時期から美肌を守るため …

「頬」が見た目年齢を左右する!?美容家が教える“若々しい印象の肌”をつくる秘訣

「見た目年齢を左右するのは頬だった!?」…実は近年、研究によって頬が見た目年齢に影響を与えることが明らかになっています。 そこで今回は、若々しい印象の頬を保つためのお手入れを、美容部員としての経験があ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら