LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

厚塗りは逆効果!毛穴レス肌を叶えるベースメイク術3つ

古賀令奈

プロフィール画像_古賀 令奈

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

毛穴の開きにお悩みの方は多いのではないでしょうか。メイクで隠そうとしても、「ファンデーションが毛穴に入り、余計に目立ってしまった」という経験がある方もいることでしょう。

厚塗りは逆効果!毛穴レス肌を叶えるベースメイク術3つ

今回は、コスメコンシェルジュの筆者が、毛穴が目立たなくなるベースメイクのコツを3つご紹介します。

(1)シリコンタイプの化粧下地で凹凸をカバー

ベースメイクの土台となる化粧下地は、理想の仕上がりに合わせて選びましょう。

毛穴が気になる方におすすめなのが、シリコンタイプの化粧下地です。シリコンタイプの化粧下地は毛穴を埋めてカバーし、凹凸のないフラットな肌に整えてくれます。皮脂を抑える力もあるので、化粧くずれを防ぎたい日にも活躍してくれます。

ファンデーションが毛穴に落ちて白浮きしやすい方にもぴったりですよ。

(2)ファンデーションはリキッド・クリームタイプを

化粧下地のあとは、ファンデーションを塗りましょう。毛穴カバーに適しているのは、リキッドやクリームファンデーションです。

パウダーファンデーションは手軽で使いやすいですが、乾燥やたるみで毛穴の開きを目立たせてしまうことがあります。

保湿力やフィット力、カバー力にすぐれたリキッドやクリームファンデーションは、肌をうるおいで包み、なめらかに見せてくれますよ

厚塗りは逆効果!毛穴落ちの原因に

毛穴が気になるからといって厚塗りはNGです。ファンデーションを塗りすぎると、メイクがくずれた時にファンデーションが毛穴落ちしやすくなり、かえって毛穴が目立ってしまう場合があります。

できるだけ薄く塗るように心がけ、気になる部分はスポンジでトントンと軽く叩き込むように塗るとよいでしょう

(3)フェイスパウダーは「マットタイプ」が吉

ファンデーションの仕上げに使うフェイスパウダーは、ラメやパールの効いたものより「マットタイプ」がおすすめです。

ラメやパールには光の拡散作用で肌を美しく見せる効果がありますが、パールの量が多いものは逆に毛穴を目立たせてしまいます。マットタイプは、肌にヴェールをまとったような質感に仕上がりますよ。

ツヤ肌仕上げを目指すなら、パールとマットを使い分け

肌全体に輝きをまといたい時は、フェイスパウダーの使い分けをすることもひとつの手です。

毛穴が目立ちやすい部分にマットなパウダーを、そのほかの部分にはパールタイプのパウダーを使うと、毛穴をカバーしながらツヤ肌づくりを実現できます。

毛穴は年齢とともに目立ちやすくなりますが、上手に付き合うことで肌への自信をキープできます。3つのコツをとり入れて、毛穴レス肌を目指してみませんか?

(コスメコンシェルジュ 古賀令奈
フリーライター/エディター/コスメコンシェルジュ。美容・ヘルスケアを中心として「わかりやすく試しやすい」をコンセプトに執筆。日本化粧品検定1級コスメコンシェルジュを取得し、美容法の提案活動も展開。)

【関連記事】
発色アップ!「アイシャドウベース」の使い方とおすすめ4選
斬新なアイテムが続々登場!美容家が大注目のファンデ4つ
メイク上手になれる基本の「き」化粧の基本と正しい順番
美容家が注目!華やか旬メイクが叶うプチプラコスメ4選

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

厚塗りは逆効果!毛穴レス肌を叶えるベースメイク術3つ

Related Article関連記事

ピックアップ

美容家が実践。有名クリームの裏技で老け見えシミ肌対策を!

年齢を重ねるたびに増えていくエイジングサインの中でも、多くの女性が、肌悩みとしてあげるのが「シミ」です。シミは、肌にポツンとあるだけで老けて見えてしまうので、日頃からシミを防ぐケアをしっかりと行うこと …

「頬」が見た目年齢を左右する!?美容家が教える“若々しい印象の肌”をつくる秘訣

「見た目年齢を左右するのは頬だった!?」…実は近年、研究によって頬が見た目年齢に影響を与えることが明らかになっています。 そこで今回は、若々しい印象の頬を保つためのお手入れを、美容部員としての経験があ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら