LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

UVダメージで老け髪に!?プロ実践の「髪のUV対策」3つ

上野リサ

13083150_991286497623829_494159747129795529_n-1

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

陽射しが強くなり始めると、シミやそばかすなどを防ぐために紫外線対策にも気合が入りますね。お顔や身体だけではなく、頭皮や髪も紫外線によるダメージを受けていることはご存知ですか?

UVダメージで老け髪に!?プロ実践の「髪のUV対策」3つ

紫外線は、キューティクルを構成しているたんぱく質を変性し、毛髪の柔軟性や強度を低下させたり、頭皮にダメージを与えるといわれています。

毛髪診断士の筆者が、これからの季節に気をつけたいポイント3つと具体的なお手入れ方法をご紹介します。

(1)髪を守るために「ローション」をつける

紫外線から髪を守るために、「保護系ローション」をつけましょう。

紫外線によるダメージやスタイリング時の熱ダメージから髪を保護するなど、目的に合わせてローションを選ぶことが重要です。

UVイデア XL プロテクションミスト/ラ ロッシュ ポゼ

UVイデア XL プロテクションミスト/ラ ロッシュ ポゼ

敏感肌用のスキンケアブランドとして定評のある「ラ ロッシュ ポゼ」の日焼け止めミストです。

スプレー式なので、お顔だけでなく髪にも使いやすく、出先での付け直しにも便利なアイテムです。
(50g SPF50 PA++++ 税抜価格2,500円)

(2)紫外線から髪と頭皮を守る

最もシンプルで効果的な対策は、「頭皮や髪に直接紫外線が当たらないようにすること」です。

帽子や日傘を活用しましょう。UVカット処理を施した素材のアイテムを日常にとり入れれば、高い効果が期待できます。

(3)スペシャルケア

紫外線によるダメージは、毛髪表面のキューティクルの損傷のみならず、内部にも影響を及ぼしているといわれています。

気温が上がり、強い陽射しを受け続けた髪は熱くなり、帰宅した頃にはパサついた状態になっているでしょう。日頃のお手入れに加えて、ダメージ対策をしましょう。

オイルオイルパック

1日中、外で過ごした時は、洗髪前の乾いた状態の頭皮や髪に相性の良いオイル(椿オイルやスクワランオイルなど)をたっぷりと馴染ませまることで、汚れが浮き上がりやすくなります

5分程度マッサージをしながら、毛先までオイルを行き渡らせます。その後、頭皮にオイルが残らないように洗髪しましょう。

これだけでも、乾かした後に髪のしなやかさを実感することができるでしょう。紫外線により乾燥しがちな頭皮にもおすすめです。

マリンスクワランオイル/マリンファーム

マリンスクワランオイル/マリンファーム

粒子のきめが細かいため、オイルなのに肌ざわりがサラサラでベタつきません。無添加の天然スクワランオイルを100%使用しているなので、ヘアケアと一緒に全身のケアをすることもできます。
(60ml 税抜価格5,800円)

エイジングによる頭皮や髪の変化を増幅させないためにも、ひと手間を惜しまず、紫外線対策にとり組んでみてはいかがでしょうか。

(フェイスコンダクター/ヘア&メイクアップアーティスト/毛髪診断士 上野リサ
大手化粧品メーカーでメイクアップアーティストとして活動後、幅広いジャンルで「顔創り」に取り組む。顔を起点とした”善い美容習慣の定着”を目指す「face conductor」というジャンルを開拓。)

【関連記事】
「くるりんぱ」のやり方とアレンジをヘアメイクが伝授!
三つ編みアレンジ自由自在!ヘアメイクが教える基本のやり方
まとめ髪の基本をおさらい!今すぐできる簡単アレンジまとめ
前髪だけでイメージチェンジ!骨格別で小顔美人になる方法

【参考】
UVイデア XL プロテクションミスト – ラ ロッシュ ポゼ
マリンスクワランオイル – マリンファーム

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

頭皮のUVダメージに注意!プロ実践の「髪のUV対策」3つ

Related Article関連記事

ピックアップ

夏はエイジングが加速する!?初夏にすべき美肌を守るスキンケアとは

梅雨が明けると、本格的な夏の到来ももうすぐ。皆さんは、夏に向けてしっかりとお手入れをしていますか? 一年の中でも、夏は特にエイジングが加速しやすい季節だと言えます。そのため、この時期から美肌を守るため …

「頬」が見た目年齢を左右する!?美容家が教える“若々しい印象の肌”をつくる秘訣

「見た目年齢を左右するのは頬だった!?」…実は近年、研究によって頬が見た目年齢に影響を与えることが明らかになっています。 そこで今回は、若々しい印象の頬を保つためのお手入れを、美容部員としての経験があ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら