LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

「隠れ貧血」で老け顔に?意外と知らない「鉄分不足」のワナ

やなぎさわ えりな

IMG_7057

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

睡眠をよくとり、バランスのいい食事を心がけているのに、なぜか老けて見られがちなことはありませんか? それは、もしかしたら「隠れ貧血」が原因かもしれません。

「隠れ貧血」で老け顔に?意外と知らない「鉄分不足」のワナ

今回は、管理栄養士の筆者が、意外と知らない「鉄分不足のワナ」をご紹介します。鉄分不足を解消して、身体の中からアンチエイジングを目指しましょう!

■隠れ貧血をチェック!こんなお悩みはありませんか?

鉄分が不足すると顔色が悪くなり、疲れがとれにくくなるため、「いつも疲れている人」=「実年齢より年上にみられがち」という風につながってしまいます。

下記の項目に当てはまるかチェックしてみましょう。

□疲れやすい
□寝ても疲れがとれない
□寝起きが悪い
□イライラする
□肌荒れしている
□めまいがする
□頭痛が治らない
□浮腫みやすい
□身体がいつも冷えている

上記の内容にひとつでも当てはまると、「隠れ貧血」の可能性があります。

「鉄分不足」で身体に起こること

鉄分不足

なぜ、鉄分が足りないと「隠れ貧血」のような症状が起こるのでしょうか。

食事で摂る鉄分は、血液の中にある「ヘモグロビン」という成分の材料になります。ヘモグロビンは、身体中に酸素を運ぶ役割を持っています。

ヘモグロビンが足りないと酸素が十分に届かず、細胞が酸欠の状態となり、隠れ貧血のような症状が起こるのです。

■私は「隠れ貧血」?

わたしは「隠れ貧血」?

では、「隠れ貧血」はどう見つけるのでしょうか?

健康診断で貧血の目安にしている数値は、「ヘモグロビン」になります。

ヘモグロビンの基準値は、男性:14〜18g/dl、女性:14〜18g/dlです。ヘモグロビンの数値がこれより低いと「鉄欠乏性貧血」と診断されます。

隠れ貧血を見つける鍵は「フェリチン」

しかし、「隠れ貧血」を見つけるにはヘモグロビンではなく、「フェリチン」という鉄分を図ってもらう必要があります。フェリチンの基準値は、男性:20〜280ng/ml、女性:5〜157ng/mlです。

フェリチンは、肝臓や脾臓の中で「貯蔵鉄」をたくわえるタンパク質で、常にヘモグロビンに鉄を供給する鉄分です。なので、ヘモグロビンが足りなくなる頃にはフェリチンも不足しているのです。

特に女性は、生理の際に20〜30mgの鉄を失っているといわれています。「疲れがとれない・顔色が悪い・痩せにくい」といった悪循環だらけの身体になる前に、健康診断等でフェリチンを測っていただくことをおすすめします。

■「フェリチン」値が低い場合の食事

フェリチン値が低い場合は、積極的に「鉄分」を多く含む食材を食べてください。「鉄分」を多く含む食材は、圧倒的に「レバー」です。

豚肉レバー:13mg
鶏肉レバー:9mg
※食品100g中

このように、レバーには鉄分が豊富に含まれています。トーストに「レバーペースト」を塗って食べると、手軽に鉄分がとれるのでおすすめです。

いかがでしたか? 「なんだか疲れがとれない・寝ても寝てもだるい・年齢より老けて見られがち」という方は、是非フェリチン値を確かめてみてくださいね。

(管理栄養士/おやこ食育プランナー/美食ライフプランナー やなぎさわえりな
「すべての女性は美しい」をモットーに「食べる」ことを通して自分らしく育児も自分磨きも楽しむメソッドを提案。)

【関連記事】
なぜ痩せない?管理栄養士が教えるファスティングの落とし穴
今年こそ食べてキレイに!美容家が40歳から始めたこと3つ
美容に◎!高カロリーだけど「美容と健康に役立つ食品」4つ
「酵素ジュース」は砂糖不使用で出来る!作り方のポイント

【参考】
鉄不足発見の為の検査項目「フェリチン」 – 田中消化器科クリニック
「血清鉄(Fe)、総鉄結合能(TIBC)、フェリチン(Ferritin)」の検査について(PDF) – 日本衛生検査所協会

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

「隠れ貧血」で老け顔に?意外と知らない「鉄分不足」のワナ

Related Article関連記事

ピックアップ

夏はエイジングが加速する!?初夏にすべき美肌を守るスキンケアとは

梅雨が明けると、本格的な夏の到来ももうすぐ。皆さんは、夏に向けてしっかりとお手入れをしていますか? 一年の中でも、夏は特にエイジングが加速しやすい季節だと言えます。そのため、この時期から美肌を守るため …

「頬」が見た目年齢を左右する!?美容家が教える“若々しい印象の肌”をつくる秘訣

「見た目年齢を左右するのは頬だった!?」…実は近年、研究によって頬が見た目年齢に影響を与えることが明らかになっています。 そこで今回は、若々しい印象の頬を保つためのお手入れを、美容部員としての経験があ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら