LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

「首イボ」・「粉ふき」…衣服の摩擦による肌トラブルを減らす方法

LAR編集部

icon

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

衣類に擦れることによって起きる肌摩擦。肌に大きな負担となり、かゆみやかさつきを引き起こしたり、首などに小さなイボができてしまうことも。衣服に肌が擦れると、なぜ肌トラブルにつながるのでしょうか?

LARLBR)shutterstock_114877165

■意外と大きい!?衣類による肌への負担

服を着ていると、肌がムズムズして、カサカサするということはありませんか? これは、衣類が肌に与える圧力に原因があると言われており、背中への圧力は、なんと最大で手の平に10kgの米袋を乗せたの時と同じくらいあるのだとか。肌着に粉のようなものがつくことがあるなら、それは摩擦によって皮膚の角質層の一部が剥がれ落ちたもの。それだけ衣類がもたらす肌への刺激は大きいのです。

 

■「小さなイボ」は摩擦が原因かも?

衣類による摩擦は、かゆみやかさつきを引き起こします。また、30代に差し掛かると増えてくるという「首イボ」も、タートルネックやアクセサリーによる摩擦が原因といわれています。イボは首の他にも、脇の下、胸、脇腹、そけい部など、皮膚の薄い部位にできやすいもの。良性のイボなので特に気にする必要はないですが、見た目がどうしても気になりますよね。

 

■衣類と肌の摩擦を減らすコツ

衣類による摩擦をできるだけ減らすには、衣類についた皮脂汚れをしっかり落とせる洗剤を使って洗い、柔軟剤を使うのがオススメ。また衣類の素材選びも重要です。チクチク・ゴワゴワしないものや、できるだけ吸水性の高いものを選ぶようにしましょう。イボ対策としては、首まわりに特に気を配りましょう。締め付けるものやアクセサリーはできるだけ避けた方がベター。首にも化粧水やクリームなどを塗って保湿すると、衣類による摩擦が軽減すると言われています。

意外と盲点になりがちな衣類の摩擦。お気に入りで着ているそのお洋服も、もう一度お手入れを見直してみてはいかがでしょうか。
(LAR編集部)

【関連記事】
知らなかった!「クリーニングサービス」活用術とトラブル回避のコツ

【参考】
衣類と肌の豆知識コラム お肌の悩み.com – ライオン
衣類とお肌.com ワンポイントアドバイス – ライオン
小さなイボが、首まわりに増えてきた! – アンファーからだエイジング

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

LARLBR)shutterstock_114877165

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事