LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

カチカチ頭皮で老け顔に!?頭皮をほぐす「温マッサージ」

千葉ゆか

image1-3

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

頭皮が硬くなると顔に影響が出るというのはご存知でしょうか? 顔と頭は1枚皮でつながっている為、頭皮の毛細血管が締めつけられて血流が悪くなると、新陳代謝が低下します。

そうなると、髪のボリュームが減って大顔に見えてしまいますし、くすみやたるみの原因となる場合があります。

カチカチ頭皮で老け顔に!?頭皮をほぐす「温マッサージ」

今回は、表情筋のストレッチと筋トレをする「顔ヨガ」のインストラクターである筆者が、頭皮を温めつつ、マッサージと顔ヨガで血流をよくさせるホームケアをお伝えいたします。

■どうして頭皮が硬くなるの?

パソコンやスマートフォンなどで目を酷使する人や、睡眠が足りていない、または睡眠の質が悪い人は、頭皮カチカチ予備軍です。

そんな方は、「ホットターバン」を使って頭皮をマッサージしましょう。

「ホットターバン」のやり方

タオル地でできたターバンか、細長いタオルを用意しましょう。少し熱めのお湯に浸して固く絞り、頭に巻きます。ゴム手袋をして絞ると熱くないのでやりやすいですよ。

じんわり温かさを感じましょう。血流がよくなり、マッサージと顔ヨガの効果が高くなります。リラックス効果もあるのでおすすめです。

「側頭筋」と「咬筋」を同時にほぐすマッサージ

ホットターバンをしたまま、マッサージをしていきましょう。

(1)顔は脱力して、口元を緩めておきます。

親指を「咬筋(エラ)」部分の真ん中に当てます。人差し指と中指と薬指は「側頭筋(こめかみや髪の生え際エリア)」に当てます

(2)親指を「咬筋(エラ)」部分の真ん中に当てます。人差し指と中指と薬指は「側頭筋(こめかみや髪の生え際エリア)」に当てます。

髪の生え際と肌の境目は、女性ホルモンを活性化させるゾーンです。

皮膚をこすらないように、皮膚下の筋肉をほぐしましょう。円を描くようにクルクルと動かします。少しずつ上に移動させ、おでこの1番上までマッサージしましょう

(3)皮膚を強くこすりすぎないように、皮膚下の筋肉をほぐしましょう。円を描くようにクルクルと動かします。少しずつ上に移動させ、おでこの1番上までマッサージしましょう。

頭皮引き上げ×顔ヨガ「ムンクフェイス」

卵を掴んだような手の形をつくり、両手を頭頂にセットします。この時、指が左右交互になるようにしましょう

(1)卵を掴んだような手の形をつくり、両手を頭頂にセットします。この時、指が左右交互になるようにしましょう。

頭頂を内側に寄せるように、指でしごいてマッサージしていきます

(2)頭頂を内側に寄せるように、指でしごいてマッサージしていきます。

頭頂に指を集めつつ、「おー」の口をつくってタテに顔を伸ばします。目線は上にしましょう。この時、おでこにシワが入らないように気をつけましょう

(3)頭頂に指を集めつつ、「おー」の口をつくってタテに顔を伸ばします。目線は上にしましょう。この時、おでこにシワが入らないように気をつけましょう。

しっかり呼吸をしつつ、10秒キープします。この動作を、3〜5回ほど行いましょう。

頭皮用美容液や育毛ローション、化粧水などで頭皮をうるおわせながらマッサージしてみてください。フェイスラインがシュッとすることでしょう。毎日少しの時間でいいので、コツコツ行うことがポイントです。

(ヨガインストラクター 千葉ゆか
高津文美子式フェイシャルヨガインストラクター、顔つぼセラピスト。二児の母。ヨガ×顔ヨガクラス「nicomum-yoga&facial yoga」主宰。)

【関連記事】
シミ対策に◎!美白化粧品の選び方と美容家おすすめ4選
たるみ毛穴対策に!おすすめコスメ6つとマッサージ法
お風呂上がりにシワをチェック!タイプ別「シワ対策」2つ
老け見えストップ!表情筋を鍛える「顔ヨガ」2つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

カチカチ頭皮で老け顔に!?頭皮をほぐす「温マッサージ」

Related Article関連記事

ピックアップ

美容家が実践。有名クリームの裏技で老け見えシミ肌対策を!

年齢を重ねるたびに増えていくエイジングサインの中でも、多くの女性が、肌悩みとしてあげるのが「シミ」です。シミは、肌にポツンとあるだけで老けて見えてしまうので、日頃からシミを防ぐケアをしっかりと行うこと …

「頬」が見た目年齢を左右する!?美容家が教える“若々しい印象の肌”をつくる秘訣

「見た目年齢を左右するのは頬だった!?」…実は近年、研究によって頬が見た目年齢に影響を与えることが明らかになっています。 そこで今回は、若々しい印象の頬を保つためのお手入れを、美容部員としての経験があ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら