LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

メイク上達の極意!「ベースカラー選び」をプロが伝授

mayu3

大野

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

「気に入った化粧品を買ったのに、実際につけてみると肌がくすんでしまった」という経験はありませんか? それは、自分の肌色にあった化粧品ではないからです。

メイク上達の極意!「ベースカラー選び」をプロが伝授

ヘアメイク、コスメコンシェルジュとして活躍している筆者が、化粧品選びに役立つ「イエローベースとブルーベースのポイント」をご紹介します。

■イエローベースとブルーベースとは?

私たちの肌色は「イエローベース」と「ブルーベース」の2つのベースカラーに分けられます。簡単に説明すると、「イエローベース」は黄みっぽい肌色、「ブルーベース」は青みのあるピンクっぽい色のことをいいます。

自分がどちらのベースカラーかを知ることで、肌色を美しく見せることができるだけではなく、クマやシワ、シミなどの肌トラブルを目立たなくすることができます。

■あなたはどっち?自分で見分ける肌色診断

自分がイエローベースとブルーベースのどちらなのかを見分けるポイントとして、「瞳の色」「髪の色」「日焼け後の肌色」「趣向」があります。

(1)瞳の色

黒目の部分を見てみましょう。色が真っ黒かソフトな黒なら「ブルーベース」、明るい茶色かこげ茶であれば「イエローベース」になります。

また、眉毛が濃い方は「ブルーベース」になります。瞳の色と併せて、眉毛の濃さもチェックしてみてください。

(2)髪の色

地毛が黒やグレー系だったら「ブルーベース」、茶色に近ければ「イエローベース」になります。ヘアカラーをアッシュやマッド系のカラーにすると、なぜか肌がくすんで見えるという方は、「イエローベース」の可能性が高いです。

ヘアカラーを何色にしようか迷った時は、イエローベースの方は「暖色系」、ブルーベースの方は「寒色系」を選ぶと、失敗しないですよ。

(3)日焼け後の肌色

日焼けした後すぐに赤くなるが肌が茶色くならない方は「ブルーベース」です。逆に、日焼け後に肌が茶色になる方は「イエローベース」となります。

ファンデーションを選ぶ時に、イエローベースの方がピンクベースをつけると白浮きしてしまいます。自分の肌のベースカラーを見分けることが、メイク上達のポイントになります。

(4)趣向

普段身につけている装飾品や洋服の色でも、肌色を見分けることができます。

オレンジやピンク、ベージュやゴールドといった暖かみのある物を身に着けている方は「イエローベース」。モノトーンや青、パープル系、プラチナやシルバー系の物を身に着けている方は「ブルーベース」になります。

■ポイントメイクで差をつけるワンランク上のメイク法

自分のベースカラーがわかったところでおすすめしたいメイク法が、「ベースと反対のベースカラーをポイントメイクにもっていく」ことです。

例えば、イエローベースの方だったら、鮮やかな赤リップをアクセントにつけてみたり、ブルーベースの方なら、カラーライナーで目元にオレンジをいれてみたりすると良いでしょう。

ベースの色がわかると、色物までベースに合わせた色を選びがちですが、あえてベースと反対のカラーを使うことで、一気に、こなれた雰囲気がだせるのでおすすめです。

自分の肌色を知ることでメイクがワンランクアップしますので、ぜひ参考にしてみてください。

(ヘアメイク/美容講師/コスメコンシェルジュ/ライター/美容師 mayu3
ヘアメイク、美容講師、コスメコンシェルジュ、ライターなどマルチに活動。ヘアメイクでは、企業から一般撮影、PV撮影に携わり、撮影会のイベントで全国をまわっている。)

【関連記事】
発色アップ!「アイシャドウベース」の使い方とおすすめ4選
斬新なアイテムが続々登場!美容家が大注目のファンデ4つ
メイク上手になれる基本の「き」化粧の基本と正しい順番
美容家が注目!華やか旬メイクが叶うプチプラコスメ4選

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

メイク上達の極意!「ベースカラー選び」をプロが伝授

Related Article関連記事

ピックアップ

“自分時間”が美肌を作る!忙しくてもきれいな人の美肌習慣って?

肌悩みが増えるアラフォー女性にとって、美容にたっぷりと時間をかけることは、切望しながらも実際は難しいもの。家族や友人の助けなくしては、自分のための時間を確保することさえ難しい、と感じる方も多いのでは? …

見直すのはシャンプーだけではなかった!?プロが教える、毎日の「ツヤ髪ケアの秘訣」

髪のパサつきやうねり、くせ毛のために、シャンプーやトリートメント選びにこだわっているという女性は多いですよね。 さらに、ツヤ美髪を目指すなら、“使い方”にもこだわる必要があるようです。それは、“毎日使 …

花粉、ストレス…春の肌トラブル対策に◎!美容家も実践の肌ケアって?

春になり、冬の厳しい寒さと乾燥から開放されたと安心したのもつかの間、この時期特有の、花粉や紫外線・精神的なストレスなどによる肌トラブルに悩まされている女性も少なくないのでは? 春の肌トラブルは、放って …

ストレスでシミが加速!?美のプロも頼る美白ケアって?

出会いや別れ、環境の変化も多い春は、期待とともに精神的なストレスを感じやすい時期。この時期、肌荒れに悩みがちという女性も少なくないのでは? 最新の研究では、ストレスによる肌荒れは、ニキビやザラつきだけ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら